2010年09月14日

コメント、トラックバックなくしました

あまりにスパムが多いので疲れました……。いや、ほんとひどいんですよ。
御用の方は(殆どいないと思うけど)ツイッターもしくはmixiで(こちらはマイミクの場合)お願いします。ピクシブなんかもあるしね。
実はいままでこちらでは臥せてましたが、他にもブログやってます。そちらでも結構です(そっちも放置気味だけど)。
久しぶりのエントリーがこんなつまらん業務連絡ですまん。

あ、ゲストブック代わりに使ってるエントリーがゲストブックにならなくなっちゃうな。重ね重ねすまん。

【2011年1月15日追記】

ブログの移転に伴いコメントトラックバックが復活しました。
posted by たじま at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

世には文脈というものがある

喩えていうとこんな話なんですが。

「私はゴキブリが嫌いなんだよねー」と友達に話している人が一人いたとして、
その会話を小耳に挟んだ通りすがりの人が

「あの人たち、ゴキブリの話してる! あんなキモい生き物の話してる人たち信じられない! ゴキブリ大嫌い!」

と言いました。

変じゃね?

とまあこれに近いような体験を先頃しまして。
ネット上で文章だけのやりとりだと…その、色々難しいのかもしれないとか。
まあ色々ありますが。
でも、それにしても、腑に落ちない気分になったわけです。
別段私が大きな不利益を蒙ったとか、そういう体験ではないけど、なんかお前それ違うだろ文脈ちゃんと読めやー! みたいに思ったものです。

その元のやりとりは管理者によって今は削除され(削除された理由は他にあります)、あまりその場で過ぎたことをごにゃごにゃ言うのも空気が読めてないように感じられ、ここではき出してみました。
posted by たじま at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

サイトを放置中

さて、このサイトを放置中です。
別のところで色々書いてます。
使い分けしようと思って別宅を造ったのですが、いまのところ本宅を乗っ取られる勢い。
もしもそちらをご覧になる機会がありましたら、なにとぞよろしくお願いします。
にしてもピクシブも放置中だし。
どうにもなりませんな。頑張れ自分。
posted by たじま at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

赤城神社

赤城神社が改装中なんですよ。

昔撮影しておいた写真がHDの中から発掘されたので貼っときます。

改装されると聞いて通りすがりに撮影しておいたやつ。

どっかに動画もあるはずなので見つかったらそのうちどっかにあげようかなー。

blog001.jpg

blog002.jpg

blog003.jpg

blog004.jpg

改装後どうなっちゃうんですかねえ。説明を書いた板とかもあるんですがめんどうで読んでません。読むべきでしょうか。
posted by たじま at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

藤田氏の新作映画

水野美紀さんの映画に出演するんですね。
「ハードリベンジミリー ブラッディーバトル」。って、長いなタイトル。
藤田氏のブログでちらほら撮影中の話があったやつですよね。
楽しみだなあ。

そして今日はDUSTZの新生HP発足の日だったんですけど、なぜこのタイミングなのだ。みんなウソみたいじゃん! 例の衣装に身を包んだビデオクリップが見られるわけです。正直どう反応したらいいのか……。薄情なファンでしょうか、私。いや、4人とも好きだけど。好きだけど(大事なことなので2回言いました)。

藤田氏の話題で言うと今日は毛皮のマリー初日ですね。
私は今日は行きませんが。
どんなんなってるのかな〜。
posted by たじま at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

そうなりました

前回のエントリーであんなことを書いていながらその後何もないというのも何なので書きます。
日本がWBC2連覇しました。おめでとうございます。
posted by たじま at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●じまけんじ・検証編

スラムダンクの登場人物は、他の漫画の登場人物・実在の人物(歴史上の人物やタレントなど)などの名前をもじった物が多いですよね。牧紳一とか。神宋一カとか。清田信長とか(海南ばかりになってしまった)。

藤真の名前の元ネタがわからない、というか元ネタありの名前かどうかも分からなかったんですが(流川とか、元ネタなしの名前もある)、あるとき城島健司があやしいなと思ったことがあります

はい、今WBCの中継をやってるので思い出しました。

城島健司は94年に高校3年生だったんですね。92年に1年生。wikipediaによると1年の時から4番だったそうですが。
スラムダンクは90年から連載が始まっていて、翔陽戦の入っている単行本10巻の第1刷の日付が92年12月。ということは雑誌掲載時はそれより数ヶ月前だったわけですから、ちょうど同じ頃ですよね。ギリギリだなあ。どうなんだろう。やっぱり元ネタなのかなあ。

でも「マッケンジー」という外国人の名前もあやしいと思ったことがある。
藤真利子(ふじ・まりこ)もあやしい。
結局よく分からないのでした。
仙道彰が仙堂あきほからなのかどうかも。
posted by たじま at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 井上雄彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

仏→鬼

昨日のDustzライブもそうですが、風魔の小次郎出演俳優のその後の芸能活動を暖かく見守っております。主に夜叉の人たちの。夜叉派だから!
さすがに19人全員おっかけるのは無理。許してください。

舞台版風小次のパンフを徒然と眺めているうちに突然闇鬼役の遠藤公太朗さんの他の舞台を見に行かねば! という気持ちがおこってきたので、彼が出演していた「セレブ気取り」「スガナレル」の千穐楽を見に行きました。
どちらも面白いし遠藤さんも堪能できて満足だったのですが、次の仕事はなにかな〜と思ってたら、新撰組の方のピースメーカー(同名の他の漫画とか銃とかレイバーとかがあるから)の舞台に出演なさるらしい。白虎をやってた齋藤さんと一緒に。わお!

山南さんの役、ということで発表してたんですが、途中で土方さんの役に変更になりましたと告知がご本人のブログで入りました。
山南→土方ってことは仏の副長から鬼の副長に変更ってことではないですか。キャスト変更といっても変わりすぎじゃないですか?

ブログや芝居でのご本人の様子などから考えると遠藤さんには山南さんの役がぴったりだなあと思っていたんですが(眼鏡の遠藤さんが見られると思って期待もしていた…)、そこは役者さんだし、土方さんみたいな激しい役もやろうと思えば演じられるのだろうなあ。きっと。多分。
むしろ土方さんの方が面白いのかも……役者としては。うーん。わかんないけど。多分。

キャラクターのポジションとしては山南さんより土方さんの方が人気でも重要度でもずっと上だと思いますので(山南さんも見せ場はあるし重要なキャラではありますが)、ファンとしては喜ばしいのだろうなあ。

というわけで土方役の遠藤さんがとても楽しみです。
posted by たじま at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dustzインディーズ最後のライブ

3/22渋谷BOXXにてDustzがインディーズ最後のライブでした。
6/30にまたBOXXでライブだそうですが5月にメジャーデビューするのでその時は新生DUSTZなのかなぁ。私は芸能事情に疎いのでインディーズとメジャーデビューしたあとの違いがどうもわかりません。チケットが高くなるのでは? と言われていたけど、前売りで3,000円だったのが3,500円に。500円分がメジャーの上乗せ?

戦国BASARAアニメ版が4/3から放送始めるのですが、それのEDである新曲は多分それまで規制がかかっているのでしょう。昨日はやらなかったよ。でもそれ以外の新曲は沢山あった気がするので沢山レコーディングしてるんですね。Rayくんは舞台の稽古に入ってるはずなのでそれまでにやったのかねえ(稽古もどれくらいやるものなのかよくわからないですし、おすし)。

あと「今日からRayです」って言ってました。いままでバンド活動に限り「Takuto」という変名を使っていたのですが、本名に戻すんですね。分かりやすくなってよかったです。メジャーデビューと共に戻すのかと思ってたんですが、昨日既に戻ってたんですね。

昨日ライブに行った方は最初にチラシの束を受け取ってると思うのですが、中にライブの感想を書くアンケート用紙があります。
ファックスでも受け付けてるらしいので、今からでも(3日以内にと書いてありました)送って!
今時ファックスがある家庭は少ないだろうな〜。でもコンビニからも送信できますよ。

ライブの内容ですが、Rayくんはかなり体調が悪いとお見受けした。私なんぞはライブに何度も行ってるので、たまにはこういうのも悪くないけど、でも初めて来た人がこれがDustzの実力だと思ったらやだねえと友達と話してました。体調管理は社会人の義務……だけどほんとお体大事にしてください。まじでまじで。
とかいいつつ私も風邪引いてましたー! ライブに行けるかほんとに当日も分からなかったんだけど頑張って行きました。
ライブが始まっちゃうともう体調とかあんまり関係なくなりますな(熱があったわけじゃないし)。

いつもよりややMCが多かった気がします。特にNaokiが話していた印象が。KenTも。一緒に行った友達が「KenTのギターの調律が合ってなかった」と言っていました。全然気がつかなかった私はなんなんでしょうか。でも舞台袖でKenTの側でなにやらギターを触っていたスタッフがいたのには気がついた。あれか? Gusはいつもより髪のボリュームが多かった気がするんですが気のせいでしょうか。気のせいですかそうですか。

当日は雨が降るか降らないかの微妙な天候、そしてJRが電車の運行を遅らせる程の強風だったんですが、MCでNaokiの言うにはNaokiが呼んだらしいので、しょうがない。ドラマーだからしょうがない。
ライブが終わってから外で友達と合流するのを待っていたら、受付あたりにサポートメンバーの唯くんが出てきていて、ファンに囲まれているっぽのを見かけました。
帰り道にメンバーが参加していたテレビドラマの共演者らしい人がいたと友達が話してたんですが、うんゲキレンジャーは見てなかったからわからないんだわー。Naoki目当てに見ようかなあ。今から。面白いのかなあ。

ライブに参加した皆様、お疲れ様でした。

終わった後友達に牙狼の白夜の魔獣の特別版DVDの付録のGARO TVというのを見せてもらいました。藤田が可愛かったです。買いたいなあ、あのDVD。
posted by たじま at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ポイントというもの

ポイントというものが好きになれない。
この場合のポイントとは、店舗別に実施している割引き制度みたいなものである。

例えば何かが必要になったり、欲しくなったりしたときに、目の前の店にそれが売っているのに、別のもっと遠い場所にあるお店にいけばポイントが貯まるとか使えるとか、そういう理由で今目の前の店で買えない、という状態が実にストレスがたまる。

あるいは、月末までに使うか新規にポイントを取得しないとポイントが消滅すると気を止めなくてはいけないという状態も、ストレスがたまる。

さらに、いくら以上の買い物をすればポイントが発生するからという理由で、買おうとしている品物とその金額の差額を埋める別の買い物を考えなくてはいけないなどということが、実に煩わしい。
もうちょっと買えばポイントが得だったということに後から気がついた日には、もうその店で買い物をしたくなくなる程である。

つまり、本来は客を店に何度も呼び寄せ、繰り返し買い物をしてもらいたいというもくろみで始まった割引サービスのために、顧客を一人失おうとしている、という状態である。
ポイント制を導入している店舗にはこういうストレスを客に押しつけているということを自覚して欲しい。

ポイントがつく買い物の金額の単位が低く、かつ期限がないもの。そういうポイントだったらカードを作ってためてもいいのだが、商品1点お買い上げごとだったり、500円や1,000円単位だったりする、期限付きのポイント制だった場合は、ほぼカードを捨てています。
そして、損した気分になってます。
できれば損した気分にさせてくれない店がいいと思ってます。

ビッグカメラ、ヨドバシカメラなどの家電量販店はほとんどの店のカードを所有しています。どこで買っても平気なようにするためです。
さくらやのみ、期限付きでポイントが消滅した経験があるので、現在カードを持っていません。買い物も緊急時以外はしないようになりました。
posted by たじま at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

ドラマ感想「神の雫」

先週に最終回を向かえた「神の雫」。原作は漫画で主演がジャニーズのソムリエものドラマです。
原作は評判は聞き及んでいますが、未読です。あとジャニーズのファンでも主演俳優のファンでもないです。また、ワインにも暗いです。そういう人の適当な感想です。

最初の方を見たときは、彼女と可愛いモデルの子とは適度に三角になるんだろうなと思ったらそうでもないし。
主人公を初見から嫌ってる同僚とは何か和解イベントがあって仲良くなるんだろうなと思ったらそのとおりだったけど、演じてる田口さんの力か不和の間もそんなにイヤ〜な感じはしなかったし。
内田有紀は女のアホ力を発揮して視聴者に馬鹿な女だな〜と思わせるような嫌なイベントとかあるんだろうな〜と思ったけど、そうでもないし。あと可愛かったです。
主人公とライバルの出生の秘密でどろどろとした感じでやるのかな〜と思ったらむしろさわやかにお互いを認め合う方向に行ってしまったので、そうでもなかったし。

全体的に見て、最初に思ったほどいや〜な感じのドラマに進まず、むしろ実はみんな良い奴だなあとしみじみ思えるような、心に負担のかからないキャラ作りをしていたドラマでした。

そういうドラマは私は嫌いではありません。
世間的には低視聴率だったみたいですけどね。
悪くはなかったと思うんですね。
ものすごく飛び抜けて良かったってわけではなかったのかもしれませんが。
ワインは飲みたくなりました。
posted by たじま at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

メジャーデビューって大変な事なんですね

実写風小次で壬生攻介を演じている藤田玲さんがtakutoという変名でボーカルをやっているバンドDustzがメジャーデビューをすることになりました。

私は芸能界の事情には詳しくないので、今までと何が違うのかよくわからないのですが。

今までもライブやってたしレコーディングやってたし深夜とはいえテレビ番組のエンディングもやってたしCDも出してたし雨宮監督の作品のBGMもやってたしさ。

まあきっと色々と違うんだろうとは思うのですが、具体的にはピンときていません。

メジャーデビューとともに新しいテレビアニメのエンディングを担当することになったので、アニメの公式サイトにも写真が掲載されていたんですが、そのときの衣装がすごかったです。

ピンとはきてませんが、どうやらメジャーデビューって大変な事らしいぞ、と思いました。
posted by たじま at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 風魔の小次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ビストロスマップ

昨日のビストロスマップはゲストがメイちゃんの執事ご一行様だったので見てみました。
白いイチゴ高いんだよね。

ビストロスマップを見るのは西遊記ご一行様がゲストの時以来でしょうか。何年前よ。

それで思ったんだけど、水嶋さんのように、スマップのメンバーが出ていたテレビ番組を、敬意を込めて「拝見しました」とか言えると、場の雰囲気が和んでいいのかもしれないですね。
私もビストロスマップのゲストに呼ばれたときのために、今からなんていうか考えておくといいなと思いました。
私の場合は……「西遊記見てました」ですかねえ。香取さんに。
内村さん目当てだったんですけど。
「香取さんと内村さん目当てでした!」くらいの事は言えます。
ほんとのことだよ! ウソじゃないよ!

ビストロスマップのゲストに呼ばれる日は来ないと思いますけどね。

「聖闘士星矢の舞台拝見しました」と言えないのは車田ファンとしては失格な気がします。
だってあのころはファンじゃなかったんだ…もん……。
posted by たじま at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

日本の教育について勝手に考えるシリーズ

教育を現在進行で受けてもいないししてもいない門外漢の私が勝手にあれこれ考えます。

以前からたびたびこのブログでも、ブログになる前のサイトでも言ってる、「算数で計算問題と応用問題どっちが好きだったか」という話題。

私は応用問題の方が好きだったしみんなそうだろうと思ってたら実は少数派だったという話題です。

なぜそうなるかを考えてみました。

ちなみに私が何故応用問題の方が好きなのかについては、この辺に書いてあります。

考え方の違い…というより、問題として出される文章を読解出来るか出来ないかの違いなんですよ。
そうなってくると、算数じゃなくて国語の問題ですよね。
で、国語の読解力を伸ばす授業とかは、どうなってるのかと思ったわけです。

そんななか、友達とか、人づてで、こんな話を聞きました。二つほど。

その1・出版関係の業界の人の話。
障害者で、子供の頃はこんなだった、という回想録的エッセイの本を出版した。
同じ障害を持つ大人から「この障害を持つ成人はこんな子供っぽくない。バカにしてるのか」みたいなクレームみたいな感想が来た。
この読者は「子供の頃の話である」という本の大前提を全く読み取っていないらしい。

その2・オタク系のイベントを主催してる人の話
サイトのFAQに書いてあるのと全く同じ内容の問い合わせが来る。
その問い合わせをしている人は、全くサイトの文章を読んでいないらしい。

これらは極端な例なのかもしれませんが、こんな風に全く文章を読んでいない、あるいは文意を理解していない成人が少なからずいるらしい、ということです。
あるいは、これらの人たちは、自前の立派な脳みそでは、自分の脳内で考えていることを処理しているだけで、自分の外部にある事象がどんなことを示しているのかを理解したり、把握したりするってこと自体がないような感じです。
こんな人たちからしたら、そりゃあ文章問題は解けないだろうなあと思います。
計算問題はとりあえず解けばいいですから、誤解の余地がほぼないですからね。

でもこうなってくるともはや算数や国語といった義務教育の担当する範疇ではなくて、精神科医とか心療内科の分野のような気もしてきました。あれっ、おっかしいな〜…
posted by たじま at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ATLUS SL撤退のニュース

セカンドライフに参入してる日本のリアル企業の撤退ニュースがこのところ相次いでいます。
ニュースになるのはまだいいほうで、撤退のお知らせもないままはっと気がつくとなくなってたり(撤退のニュースがスルーされてたり?)。

最近も、お世話になった戦国SIM(読売広告社)がなくなってしまいました。最後の川柳イベント行ってきましたよ。寂しいですね。

今度はアトラスのシムが閉鎖するというニュースです。いやん。

アトラスシムの何が不満って、入手出来るゲーム内衣装がペルソナシリーズばっかりってことです。
私はライドウのマント学ランや鳴海のかっちょええ背広とかもそのうちラインナップに入るんじゃないかと思って待っていたんですが。来ねえ。

私はペルソナは遊んでなくてもっぱらデビサマなので、なんとかしてほしいです。
でも撤退されたら一生そんな日は来ない。

悪魔アバアー販売もかなりラインナップ増えてましたよね。
でもガチャだかクレーンゲームだかのがやたらと多くて。
頼むから普通に販売してください。
この際イベントもので限定配布してたアイテムも普通に販売してください。
と言いたいところだけど、私が抽選で当たってもらったネコマタがレアじゃなくなるか。

この前アトラスのシムにいって、欲しいけどまだ買ってないアバターを全部買ったらいくらになるか計算してみたら、恐ろしい金額になりました。
でもライドウ2本買ったんだから、もう1本買うより安いよね。
サティとじゃあくフロストとライジュウはほしいしなあ。
サキュバスとジャックランタン(アバターの方)もほしいなあ。

そんなATLUSシムですが。
継続署名運動をされている方もおられます。
私も署名しました。みなさんのご協力をお願いします。
なにとぞよろしくお願いします。

自分の店にも看板出してきたよー。

西城街商店街但馬苑の写真
posted by たじま at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

「勝手口バー」

終電の早い友達を駅に送りに歩いていたときに、路地にあるバーに気がつきました。名前は「勝手口バー」

もうちょっと終電の遅い友達と二人で、そこに入ることにしました。
私は携帯の充電が切れかけてたので写真が撮れなかったのですが、友人が撮った写真を借りてきました。

いい雰囲気のお店で、帰った後に検索してみたら、実は建物全体がレストランで、バーがその一部だったのね。
バーに居たときから、どうもバースペース以外の奥の方に別のお客さんスペースがあるらしいことには気がついていたんだけど。

んで、ここのニュースには「会員制のバー」って書いてあるんだけど、通りすがりの一見で余裕で入れましたよ?

すみれのカクテル

友達が頼んでいたのがスミレのリキュールを使ったカクテル↑
ほかにも巨峰のリキュールを使ったロングのカクテルを頼んでいて、そっちは大人のファンタグレープって感じでした。
私はホワイトレディとタラモアデューの水割りを頼んだんだっけかな。
よいお店だったのでまた行きたいです。
posted by たじま at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

スタートレック11

スーパーボウルでのCMだそうです。
軌道エレベーター?

なんでもクリスさんは旧作を見ないようにお達しを受けたそうで(でも今のアメリカで宇宙大作戦を全然見たことがないで育った人なんているのかな? 放送されてない地域の外国ならあるだろうけど)。
以前の西遊記ドラマを見ないで悟空をやった香取さんとかを思い出しました。
ただ香取さんの場合、名前が同じってだけで、某別の少年漫画の悟空のキャラの影響がすごくあったように気もしますが。
見ない方がいい場合ってのは、確かにあるでしょうね。
多分今回の映画はトレッキーをターゲットにしていないのだと思います。
前も書きましたが、私は結果的に面白い映画になっていれば、それでかまいません。
出来ればトレッキーじゃない人が見て面白く、トレッキーが見るとさらに面白い映画だと申し分ないのですが。そこまで贅沢いっちゃいけないかなと思いますし。
全然違うものでも面白い映画が作られるならそれでいいかなと。

中途半端に伝統(?)に沿っていて、それでいてロッデンベリーの精神みたいなのはかけらも感じられず、ファンにしか受けなくてそれ以外の人がまるきり置いてけぼり、みたいなのが一番嫌なパターンかなあ。
posted by たじま at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スタートレック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少子化が解消されない訳ですね

育休切り 不況理由に「戻っても仕事ない」 相談件数3倍 というニュース。

例によってヤフーのニュースは時間が経つと削除されるので、一部を引用。


不況にあえぐ企業が人件費削減のため、育児休業中の正社員を解雇する「育休切り」が広がりつつある。育児・介護休業法に抵触する疑いが強いが、被害者の多くは再就職の妨げになることを恐れて泣き寝入りするケースが多い。法令が守られているはずの働いて産み育てる権利が脅かされている。

(略)

 【ことば】▽育休切り▽ 育児休業中の正社員を解雇したり、非正規社員化すること。不況に伴う企業の人員削減に伴って最近、労働関係者の間で使われ始めた。育休を理由にした解雇は育児・介護休業法違反となるため、経営悪化などを理由に退職を迫るケースが多い。解雇された側が労働局に訴え出ても、育休と解雇の因果関係の立証が難しいため、解雇撤回にこぎつけられた事例は少ない。



『育休と解雇の因果関係の立証が難しいため、解雇撤回にこぎつけられた事例は少ない』ってありますけど、そんなこと言ってたら法律で育児・介護休業法っていうものを作った意味がないのでは? 難しいからこそ立証をする手立てを明確にしないといけないのでは。

言うは易し、行うは難しなのはわかるけど。だからこそやらないと意味ないつーか。少子化対策とかいってるのも口先だけなんだなあーと思う。子供が少なくなるというのがどういうことか分かってないんだな、と。
家庭の問題じゃなくて、国や社会の問題だからね。
今の出生率で行くと、数千年後に日本国民いなくなるらしいですよ?
それはあまりに先の話過ぎるけど、十年単位の未来でも少子化のために全国民が苦労する羽目になると思うというか、すでにそうなりかけているというか。

切るんじゃなくて、例えば、不況のためにワークシェアリングを導入してますとかいって、正社員の立場や身分を保障したまま、働く時間を少なくして、その分給料を下げればいいんですよ。そうすれば、給料減るのは困るだろうけど、働く時間が少なくなるのは子持ちにはむしろ助かるはず。で、旦那の方にも同じ事をやれば、二人で子育て出来るし、片親だけの収入でやるよりは経済的にもなんとかなるのでは。
もちろん旦那も同じ会社にいるとは限らないから、一つの会社だけでやっても意味はないですけど、同じ会社の中に乳幼児を抱えた男性社員がいたら、女性社員は切るのにそっちは切らないのは不公平だからね。

社員一人切りたいのに、その社員の給料を減らすくらいじゃ全然リストラの効果がないって?
社員全員に実地すれば社員一人分くらいのリストラ効果があるでしょう(会社の社員数にもよりますけど)。それがワークシェアリングってものなのでは。

ニュースにあるような不当解雇の企業は、切る以外の方法を採る気は全然ないみたいだし、まずそれを是正してほしいのですが。女性の方が不利にされている状態で、最低限子供を産む気が萎えない方法を考えていったら、これくらいやってほしいと思うわけで。
少子化や性差別や不況の雇用対策を総合的に考え、今までやって来たやり方でなんとか出来ると思って欲しくないわけです。
私は会社の経営者ではないので好き勝手言える立場なのかもしれませんけども、にしても不況だから育児休暇の社員を切るなんて旧態依然もいいところだし、それどころか法律にも違反してるし、ある意味国や社会全体に対する背任行為だし。まったくコンプライアンスというものを遵守できてないというか。

それともコンプライアンス、法律といったものは、世の中が好景気で、会社に余裕がある時にだけ、手慰みに守っていて、不景気になったら守らなくてもいい、くらいのもののつもりでいるのでしょうか。むしろそういうときにこそ守って貰わないと社会的弱者の立場が守られません。もし、企業側がそんな心づもりでいるのなら、そういう時ほど国や政府がちゃんと働いているかどうかが肝要になってくるんじゃないかと思うんですけども。
posted by たじま at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

「メイちゃんの執事」漫画とドラマ



ドラマでメイちゃんの執事を見ていて、漫画を読んだことがなかったのですが、この度1〜2巻を買ってみました。
元々宮城さんの漫画は買って読んでたんですよ。一時期。
メイちゃんは読んでなかったんですけど(すいません宮城さん!)。

ドラマ見ていて好きなのが竜恩寺泉ちゃんだったのですが(岩佐さんかわいいよー)、漫画も泉ちゃんがいいな! 漫画は漫画でいいな! 学級委員長はいいね!

あと根津ちんが漫画を見てみたらドラマとまんま同じ顔で吹きました。逆か。同じ顔の人を連れてきたのか。すごい! 大門・木場・青山もほぼまんまなかんじで実写化してますね。
それをいったら一番すごいのは理人ですかね。
少女漫画に出てくるような男をそのまま実写で演じられるなんて21世紀はすごい。

ドラマの制作ブログをみていたら、バレンタインに原作者の宮城さんから差し入れをいただいたという記事があって、一緒に宮城さんが書いた実写版理人さんのイラストがついていたわけですよ。

少女漫画に出てきそうな実物の男を少女漫画家が描いたらこうなる、みたいな。
もう訳がわかりませんでした。

それを言ったら風小次実写ドラマ化でも麗羅や霧風見てびっくりしてましたけどね。車田柔和系美形を実際に演じられる男がいるとはっ(車田先生が実写の陽炎書いてくれないかな。すごくみたいなあ)。

原作を読んでみて一番違うキャラは主人公のメイのような気がしました。ドラマのメイもかわいいと思いますけど、中学生と高校生だもんなあ。同じになるわけないよねぇ。
posted by たじま at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

監督来日

次の映画の監督が来日していました(ヤフーニュースでの記事)。

「関係者向けフッテージ映像プレゼンテーションに出席」って書き方してありますけど、いわゆる「記者会見」や「試写会」じゃないの? 私は映画業界の人間じゃないので初めて聞いたんですが、この言葉。

聞いたところによると映画は完成してないらしいので、部分的に見せましたってことかなあ。

エイブラムス監督は前からトレッキーじゃないと言ってましたが、ファンが作ったらよくなるというものでもないので、中身が良ければそれは関係ないんじゃないでしょうかね。そういうのが気になるファンもいるのだろうか。

あと主演の人も来てたんですね。クリス・パインさん。

映画はいつ日本に来るんだろうか。夏頃?
友達の中にはコレの鑑賞のために渡米してもいいって人もいるんですが。
TOSのファンだと、期待度高いのかなあ。
私は字幕がないと分からない人なので、渡米はしないと思います。
posted by たじま at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | スタートレック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。